記事詳細ページ

【動く展示の作り方ぁ朧雋△蠧散

村のくらしには、たくさんの道具が必要です。

 

当時の衣・食・住を調べ、その様子を頭に思い浮かべながら

各展示に必要な道具を準備していきます。

 

こんなものを作ってみました。

 

 

石包丁です。

歴史の教科書に出てきましたよね。

 

西沼田は古墳時代の遺跡で、すでに鉄が使われており、

木製の鎌の柄が見つかっています。

 

なので、こんな鎌で稲の根元から刈り取っていたと考えられます

 

石包丁はそれ以前の道具ということになりますが…

 

使ってみたいですよねぇ。教科書に載ってるあれですもん。

鉄の鎌と使い比べてわかることだって、きっとあるし…とこの度製作してみました。

 

当日、稲刈りの展示場所では、鎌と石包丁、2種類の道具をつかって稲を刈る様子をみることができます。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 古代のトビラをあけよう!動く展示『古代のくらし』

  期 日  令和3年10月10日(日)
  時 間  10:00〜12:00
  内 容  公園に村人が出現!

        土器作り、稲刈り、布を織るなどの古代の暮らしを
        のぞいてみよう。現代人のガイドあり、スタンプラリー

        参加でプレゼントあります!
 その他  参加無料、事前の参加申し込みは不要です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

西沼田サポーターズ・ネットワーク ブログ 2021-09-26「動く展示の作り方ぁ廚茲
https://ameblo.jp/nishinumata/entry-12700101023.html

2021.09.27:[活動レポート]
PAGE TOP

Access 104,245pv (2021.03.06〜) Today 343pv Yesterday 566pv